男性と女性の性欲の違い

性欲に関してはほぼ同じだと考えてください。
イメージ的に男性が女性よりありそうに思えますが、受け止め方の違いです。
性欲の違いについて考える男女男性の場合は精子がたまっていき、それを放出します。
精子は一方的にたまっていきますので、どこかで自我放出をしなければなりません。
いわゆる手淫(オナニー)と呼ばれるものです。
手淫には個人差があり、毎日1日に数回することもあれば数日間に1回ということもあります。
若いうちは回数が多いですが、年を取るにつれて回数は自然と少なくなっていきます。
また男性には攻撃的なところがありますので、自己満足できないようであれば強姦などをして性の欲求を満たそうとしますが、理性で抑えられているだけです。

一方で女性の場合は、精子を受け止めるという立場で子どもを体内に宿すこともします。
宿すとなればそれなりの準備が必要になります。
いわゆる生理です。
精子を受け止める準備ができたら、子孫を残すために性欲がわいてきます。
性を満たすために男性と同じようにオナニーをします
オナニーをする時期は生理との関係がありますので、男性みたいに毎日おこなっているわけではないのです。
一時的に性欲がわいたときだけオナニーをしますので、そのへんで異性との性交渉が始まります。
もちろんオナニーの回数も個人差がありますので、ほぼ毎日オナニーをしている女性もいます。

ですから性への関心や性的欲求は男女ほぼ同じなのです。
男性はオナニーの回数が多かったり下心が見え見えだったりしますので、男性がスケベと思われても仕方ないですが、女性も男性と同じようにスケベなのです。
女性は男性に比べて性に関することはあまり表現することはしないので、そのへんも性欲に違いがあると誤解されているかもしれません。

男性の精力が落ちる原因について

精力は男性のモチベーションを司る大事な要素です。
精力が落ちてしまった男性ガソリンのような存在でもあり、それが落ちてくれば性行為はもちろんのこと、ライフスタイル全体の質が低下します。
精力減衰の原因を正しく知る事がその対策に結びつきます。
ただ具体的な原因は個人によって様々ですので、自分のライフスタイルを今一度見つめ直し、一つ一つ丁寧に原因を探りましょう。
1つめの原因として考えられるのが度重なる心労です。
心労は最も精力減衰の原因として考えられる厄介な要素になります。
特に都市化とハイテク化が進む昨今では、仕事や人間関係の面でストレスフルな状態になりやすいです。
また仕事量の増加、職場で働く時間の増加等が一昔に比べて顕著です。
心労がピークに達すると、昨日までは健康だった男性も深刻な精力減衰、あるいはEDに陥ります。
精力減衰と心労は関係性が深く、20代から30代カップルのセックスレスの遠因ともなっています。

2つめの原因として指摘されるのが、偏った食事です。
多忙な毎日が強いられる今日では、ついつい簡易的な食事に手が伸びやすいです。
レトルトカレーやカップラーメン、冷凍ピザ、コンビニの弁当やお惣菜など、こういったインスタントな料理は多忙な男性の食生活に欠かせません。
そういった食事が文字通り毎食、それも連日となってしまえば男性機能に不具合が現れます。
精液の製造に必須なミネラルやタンパク質、ビタミン類が不足し、精力の落ち込みを自ら食事によって進める事になります。
また亜鉛不足が続きますと、年齢や心労などに関わらず、栄養の観点からEDになってしまう恐れが出てきます。
月並みですが、不足しやすいミネラルやビタミン、そして亜鉛の栄養素はサプリメントから摂取しましょう。

口コミで評判な精力剤の成分と保険が無いED治療薬

勃起力の低下や性欲が減退していると感じるときには市販されている精力剤や専門治療が行われている医療機関を受診して、ED治療薬を処方してもらう治療法があります。
市販の精力剤はもちろんのこと、医療機関で処方されているED治療薬についても健康保険が適用されません
失敗しないように十分に口コミ情報などを見て確認してから購入することが大切です。

滋養強壮や精力の増強効果があることで知られている成分としてはマカがあります。
マカにはペニス増大や精力の増強作用があると言われており、基礎代謝を引き上げる作用も期待できます。
精子量を増やすことができると口コミで評判の成分としては、亜鉛を挙げることもできます。
亜鉛を補給することで精子の量を増やすことができるので精力剤選びのときに注目しておくべき成分となります。

ペニス増大効果を得たいと考えているときには、シトルリンが有名な成分となります。
シトルリンは血管を拡張させる作用があることから、血流を促進させる効果を得ることができます。
シトルリンは美容や健康にも良い作用があると考えられていることから、スーパーアミノ酸という呼ばれ方もしています。
アルギニンはペニスを再成長させる効果のある成長ホルモンの分泌量を増加させる作用があります。
口コミで評判の高い成分がたっぷりと配合されている精力剤を選択することで、性欲増進に繋げることができます。
精力剤以外に試してみたいときには医療機関で処方されるED治療薬がおすすめで、バイアグラとレビトラ、シアリスの3種類が日本の厚生労働省の認可を受けています。
これらのED治療薬は保険が適用されませんが、一般の泌尿器科や内科の他に専門的なクリニックでも処方が行われています。

あわせて読みたい記事