性欲減退にはお酒でのストレス解消が効果的?

ストレスが溜まると性欲が減退します。男性は特に精神面が性欲に影響してきますので、ストレスが原因で性欲が起きないというケースは多いです。また、不規則な生活や栄養不足、運動不足なども影響してきます。バイアグラなどの薬は勃起力を維持する効果はありますが、性欲を回復させる効果はありません。そのためそもそも勃起しないような状態である場合バイアグラは効果がありません。
お酒のボトル性欲は三大欲求の1つなので、だれもが持っている欲望です。しかし普段は抑制されています。女性の場合、妊娠などのリスクがありますので無意識のうちに警戒しています。しかし、お酒を飲むと、そういった警戒心が解かれて、性に対する欲求が増します。
お酒を飲むと、ドーパミンの分泌量が増します。ドーパミンは快感物質ですので、快感を得やすくなります。また、男性ホルモンの分泌量も増します。特に女性の場合、ホルモンの分泌量が増すことで性的な欲望が増加します。
適度なお酒を飲むとストレスが解消されます。これも性欲が増すことの理由の1つです。

しかし、過度なお酒は逆効果であることを覚えておきましょう。適度なお酒を飲むことでストレスを発散させることができますが、過度な飲酒を続けるとかえって性欲が減退してしまいます。なにごともほどほどにしておきましょう。
最近では男性にも更年期障害があることがわかってきました。性欲の減退には更年期障害が関わっていることもあります。更年期障害の予防には規則的な生活をして、バランスの良い食事をとり、適度な運動をすることが大切です。なにより、ストレスを溜めないようにすることです。ストレスを溜めない方法として、お酒が有効であるなら、適度な量を飲むことは体に良いでしょう。